So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

閃輝暗点 [健康]

はじめての体験。
閃輝暗点。偏頭痛の前兆で出ることが多いらしい。
偏頭痛はよくなるけれど、今まで一度もなったことなかった。
そして、今、閃輝暗点のあとだけど偏頭痛は出ていない。
不思議だぁ。

暗いところから、明るいところに入っただけで発生したらしい。
スマホの画面を見たら、視界の中心部が明らかに欠けている。
眼の病気かもしれないと一瞬思ったけれど、急にこんなになるのは変だな。
少しすると、最初はくっきり欠けていたところが、だんだん広がってぼんやり見え始めるのと同時に、視野の周辺にプリズムのような光が発生。
それがだんだん長く伸びて、帯のように広がってずっとキラキラ。
赤と青と黄色の四角が組み合わさった光でした。
目が見えるようになって、しばらくして光も消滅。

閃輝暗点って、点のようなするどい光かと思ってたのでびっくりだわ。
健康には気をつけないとね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

DESTINY 鎌倉ものがたり [映画]

試写会で観ました。
予告をみて、ちょっと興味をもったのでみにいきました。

ファンタジーなのだけど、仲良しの夫婦がいっぱい出てきてなごみます。
全体的なイメージはジブリの実写みたいな・・・千と千尋のような雰囲気を感じてしまったのです。
とくに黄泉の世界。あの街並みは素敵だった。
ゴチャゴチャしてて生活観がすごく漂っている街。
この前見た、香港のミニチュア展の街のようでした。
現代の話だと思うのだけど、主人公の生活だけなぜか昔の日本のよう。家も車もクラシック。
そして鎌倉の街並みを期待していたけど、江ノ電はたくさん登場していたけれど他はよくわからなかったです。

原作があるお話だったのですね。ちょっと読んでみたい。
面白かったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ブレードランナー 2049 [映画]

一番といってもいいくらい好きな映画。ブレードランナー。
まさかの続編。
観ないわけには行きません。
いつもの新宿ピカデリー、レディースデイ。

2049年の世界が舞台で、脱走した昔のレプリカントと新しいレプリカントがいる世界。
昔のレプリカントたちの反乱軍と人間が戦う前の話ですね。また続編あるのかな・・・
主人公のレプリカントの男性は、従順に仕事をこなしているのだけど何かが気になり調べていくうちに、もしかしたら自分がその重要人物なのかも、と思い始めたところでハリソン演じるデッカードと出会うのです。
さすがハリソン、まだまだ頑張ってます。もうおじいちゃんなのにね。
2049年は2019年よりももっと荒廃した世界。でも、あの2019年のくらーーい感じとはちょっと違うのです。
で、特別なレプリカントが暴れまわるのを見ていたら、ターミネーターを思い出してしまった。
そしてああいう役割、最近は女性が多いですね。時代かなあ。

いろんなことが解決していないのを考えると、続編狙いなのか。
ハリソンフォードはいつまで出られるのか、気になります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ライフ [映画]

気になりながら、なかなか観にいけなかったのだけど、やっと観にいきました。
レディースデイ、新宿ピカデリー、すいてました。

真田さんが出演されてます。そこそこカッコいい役なのだけど、最後がちょっと。
台無しになってしまったね。
人類が初めて出会った地球外生物。
最初は感動的でかわいかったけど、油断大敵。
恐ろしいことになってしまうのでした。
のどかに過ぎていく前半部分の宇宙船の中。
脚が悪くて地球上では車椅子が必要な人、宇宙では脚はなくても困らない。
地球での戦争から逃げ出し、争いのない宇宙から帰りたくない。
地球に戻りたくない人が、何人か出てきます。
戻りたくなかった人だけ、戻ってしまう。最悪の形で。
最後の場面が、一番の恐怖。
やっぱりそうなったのねー、と思う結末でした。

すごく面白いわけではないけど、そこそこ。
可もなく不可もなく、でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

散歩する侵略者 [映画]

試写会があったので観てきました。
予告みて、ちょっと興味があったので。

人間の概念を盗む宇宙人に侵略される地球人。
はじめは当然、盗まれた人はよくない方向に行ってしまうのだけど、途中からむしろ幸せになった?という人もでてきて、ちょっと複雑。
でも東出さんが出てきたところで、あぁ、そういくのかなぁと思ったとおりのオチというか結末でした。
そもそも何のために、地球を侵略しにきたのかとかわからない。
女子高生にとりついたやつが、酷く凶暴で見てると嫌な気持ちになったり、長谷川さんがなぜああなってしまったのかとか、すっきりしないね。
凶暴なやつ以外は、直接殺人はしてなかったけど、侵略後には人はいなくなるというのもよくわからなかった。
長澤まさみも、地球の危機より家庭内のことしか見ていない。
もやもやが、どんどんたまっていくのでした。
でも、侵略されたあと地球はどうなるんだ!?と聞いたとき、地球は何も変わらないよ。人間がいなくなるだけ。なるほどなと思った。

まあ、それなりのお話でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 [映画]

新宿ピカデリー、割引チケット利用で平日の夜に観ました。
けっこうすいてた。

面白いのだけど、なんとなく違和感。
前と雰囲気が違うというか・・・
世界もだんだん近代化されていき、街も繁栄し始める中、銀行強盗する海賊たち。
って、なぜ・・・海賊なのに銀行強盗ですか。
まあ面白かったけど。
ウィル演じるオーリーは最初と最後しか出てきませんでした。
最後のシーン、ウィルが歩いてくるところは前のシリーズの最後のシーンを思い出させます。
ところが、そのあとにもう1作あったことがすっかり忘れられていたという・・・
観たし内容も覚えてるけど、ウィルたちが出ていないシリーズがあったのは記憶から抜け落ちてました。
今回は5作目だったのか。。。
バルボッサはすごいね。皆勤賞。
疑問なのはバルボッサはすべて知っていたんじゃないかと。
彼はあの場所に行ったことがあるっていうことよね。モヤモヤする。
スタッフロール後のおまけは、たっぷりめです。
最近の流行かな。
でも2人とも黒髪に見えたのは気のせい???
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メアリと魔女の花 [映画]

試写で観ました。
ジブリ出身監督作品。
序盤で出てきた少年をみて、心の中でペーター!と思ったら、役名がピーターで笑ってしまった。
観ているうちに、魔女の宅急便!ラピュタ!ハウル?みたいな雰囲気があったのは仕方ないかな。
でもけっこう面白かったです。
魔女さんが若いときに住んでいたおうちが、とてもとても素敵。
最近は、ああいうものに惹かれまくりです。
メアリは、途中までちょっとイライラするところもあったけど、最後は頑張ってた。

気になるのは、声優さんが前面に出ちゃってる感じ。
メアリーはあくまでも杉咲花さん、ほうきのおじさんは佐藤二朗さん。
ダメじゃないんだけど、声や話し方に個性が出すぎ?
神木君はさすがにうまい。役にはまってた。

ジブリっぽさも残しつつ、でも違うかなーという映画でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美女と野獣 [映画]

ずっと観にいこうと思いながら、やっと行ってきました。
いつもの新宿ピカデリー、レディースデイ。

歌が素敵。この映画の曲だと知る前から、いいなと思ってた。
劇中とエンディングで雰囲気が変わるのも、この映画の場合はよかった。
アリアナ・グランデいいね。
そして、ルーク・エヴァンスが出てました。
お馬鹿なイケメン役、最後は悪役になってしまって残念。
王子様がよかったなぁ、と思ってしまいました。
お屋敷に住み始めたベルが、図書室に連れて行かれてものすごく喜ぶところに、すごく共感してしまった。
わかる~!あれは素敵。
この場面から、野獣の知性や教養を感じてベルの野獣に対する気持ちや態度が変わっていくのでした。
わかる~!大事なことです。
外見が野獣のままで恋愛感情まで行くのは、現実ではさすがに無理でしょうけど・・・

たっぷり歌が聴けて、楽しい映画でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キングコング:髑髏島の巨神 [映画]

丸の内ピカデリー、レディースデイ。
ゴールデンウィークだったので、けっこう人いました。

これは、まったく観るつもりなかったのにじわじわと気になりだして、観てしまいました。
ジュラシックパークのように、巨大生物が出てきて、襲われて戦うのかな?と思っていたらどうやら少し違うらしい。コングはただの怪物ではなく、島の守り神でした。
敵役の怪物は、別にいるのだけど、アメリカ軍の大佐?は全部一緒くたにして、敵だ、脅威だ、絶対に倒す!
人間が侵略者で、人間が脅威で、ここで一番悪いやつはあなたでしょう!仲間が死んだのもあなたのせいだよ。と、ずーっとつっこみまくりでした。ベトナム戦争終わりだったから、仕方ないのかな、と思っておこう。
コングがものすごく大きくて、動きがダイナミックですごいのだけど、思わず笑ってしまった。
すごく身軽で、動物の動きに見えない。道具まで使うし。それでいいのか?コング。
1匹だけになってしまって、あの島はどうなるんだろう。と思ったら、スタッフロールが終わった後に、たっぷりのおまけの映像で、続編をちらつかせておしまい。

今度は何が出てくるのでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

22年目の告白-私が殺人犯です- [映画]

試写会で観ました。

告白した理由は、たぶんそうだろうなぁと想像通りでした。
でも本を出したところとか、まあむかつく。
犯人にではなく、本を買ったり英雄視したりする人たちに。
ちょっと酒鬼薔薇本の出版を思い出しました。
なんとなく予想通りの展開だったけれど、まあ面白かったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -